6月18日ライブレポート 

既にFacebookで投稿済み、6月18日に出演したライブのレポートを記録のために貼りつけておきたいと思います。


一昨日、6月18日、 生音そばライブ・阿佐ヶ谷 道心に出演してまいりました!

この「生音そばライブ」では、いつも、楽しい事件に遭遇したり、何かしらの楽しい衝撃を受けて、毎回とても刺激的。かつ、個人的にかなり人生勉強になります。

今回クローズアップしたいのは、会場であるお蕎麦屋さんの店主さんであり、トップバッターで衝撃パフォーマンスされた「道心」さん。ちなみに「道心」は、お店の名前でもあり、店主さんのお名前でもあります。

お客様の食事の方の注文に応えるべく、厨房で忙しく奮闘されつつ、息つく間もなく、汗をかきかきステージへ。

第一の衝撃はパフォーマンス前から。

使用されるギターが12弦なのもすごいのですが・・・

ギターのチューニング時間がないだろうと、気を利かせたナカさんが事前にチューニングを済ませてあげていたようなのですが、弦の順番が違っていたようで・・・それでも「ありがとうございます!!あ~そうですか!」と、お構いなく演奏を開始。

第二の衝撃。

すべてオリジナル曲をギターで弾き語る道心さん。その独自の世界観は、ファンキーそのもの。誰も真似できない。感じたものをそのまま表現する、ある意味、音楽の原点とも思える。何が出てくるのだろうと、みんな、目が離せない。

第三の衝撃。

そして「22世紀の〇〇〇〇〇〇」(諸事情により6文字は伏せさせていただきます(笑))という、衝撃的な曲の時に、突然お店に入ってきた、一見ちょっとワルそうなイケメン青年3人組。「クローズ」の世界から飛び出してきたような。・・・一瞬「???」っとなった会場内。なんと、道心さんに呼ばれて来られたお友達!なんて、交友範囲が広いんだ!!道心さん!!!

聞けば、20代前半の彼ら。道心さんのパフォーマンスを見て帰るのかと思いきや、とっても素直な感じでお行儀よく(落ち着いてよく見ると、お顔立ちもかわいらしく)、全出演者のライブを聴いてくれて、最後の記念撮影まで参加してくれた。その間、時おり彼らに話しかけたり、(いい意味で)うまくいじって会場に溶け込ませていた、運営兼共演者のヒロさんや瀬音さん、お馴染みの共演者の”赤”さんや、ビールをおごっていたお客さま。会場初心者の若者たちを歓迎する皆さんの大人の対応、すばらしく、かっこよかった。

前回大活躍の”赤”さん。(参照投稿→
https://www.facebook.com/yumiko.mochizuki.988/posts/2222271821245739

”今回は練習をしていないから髪で・・・”と、いつものピンク髪より、もっと赤くした髪でご登場。と言いつつ、”赤”さんのまっすぐな人柄がにじみでるMCや、掛け声を合わせて会場が一体となる場をつくるパフォーマンス(Dragon Ashの『FANTASISTA』楽しかった!)は、相変わらずすばらしく、今回もヒロさんとの息のあった掛け合いが最高で、魅力的でした。そして、いい歌声。”赤”さん大好きだなー。

主催者バンドの「aimmortal」(ヒロさん&瀬音さん&マーシーさん)。安定の高レベルパフォーマンスと共に、この「生音そばライブ」という場をまとめて盛り上げる力量に、改めて脱帽。

私の方のライブパフォーマンスに関しましては、また動画が完成次第、改めまして・・・。

取り急ぎ・・・
今回も見事サポートいただいたナカさん。
道心さんとのご縁も、ナカさんのお陰です。

共演の「道心」さん、「”赤”」さん。「aimmortal」さん。

運営進行のヒロさん&瀬音さん。

場所を提供いただいている「道心」さん。

お客様兼撮影担当の小山さん。

そして、お運びいただいたお客様ありがとうございました!!

今回は特に、普段のライブでは、あまり接することのない年齢(私の子供でもおかしくない)のお客様と共有できた時間、新鮮でした。

外から応援いただいた皆さま、いつもありがとうございます!!

今回私が食したお蕎麦は「香織そば」。相変わらず、腰があって、ほんとに美味しいお蕎麦でした。こちらのお蕎麦はどれも、初めて食べた方は、みなさん、美味しい!と言われるので、ぜひ多くの方に食べていただきたい!(いい感じに)どろどろの蕎麦湯も。

そして今回も、フロアの香織さんの柔らかな空気に癒されました。

それでは、また動画が完成しましたら、セットリストなどと合わせて改めて報告させてください。


毎週の動画告知になっておりますが・・・遅ればせながら、6月18日に出演させていただきました、お蕎麦屋「道心」さんでの「生音そばライブ」の動画を公開いたしましたので、セットリストなど、詳細レポートと共にご報告させてください。

「 生音そばライブ・阿佐ヶ谷 道心」には、昨年12月以来、3回目の出演。

今回も、お店&マスターのお名前「道心」をテーマに。「道」「心」にまつわる様々な曲を、お届けいたしました。

以下、セットリストです。動画はMCも含め、全編お楽しみいただけましたら大変嬉しいですが・・・今回も曲ごとに頭出しURLを貼ってみました。今回新曲はありませんが、ご興味とお時間の許容範囲で、覗いていただけたら幸いです。

動画を見直していると、運営のヒロさん、セオンさんが盛り上げてくれているのがよくわかって、本当にありがたい!「生音そばライブ」の楽しさを感じていただける映像になっていると思います。

https://youtu.be/iMz3uw2d9DY

1.『想い出がいっぱい』H2O(1983年)・・・最近この曲を歌う時のお決まりのコメントになっていますが、最初にお小遣いで買ったシングルレコード。サビの「♪大人の階段昇る」という「道」に通じる歌詞が好き。アニメ『みゆき』の初代エンディングテーマ。小2のここから実家を出るまで、”あだち充道”に入る。

MC始まり
https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=12

曲始まり
https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=49

2.『だから歌うの』オリジナル曲。両親や縁ある方々へ「ごめんなさい」と「ありがとう」を伝える曲。自分にとっての「道」と思える、”歌う”ということの意味、感謝、決意表明になっている曲です。5月21日から配信・販売しております(→ https://linkco.re/UTbNQT2r )。こちらも引き続き、よろしくお願いいたします・・・。

MC始まり
https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=242

曲始まり
https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=471

3. 「道心メドレー」80年代の女性ボーカル曲を3曲。歌詞の中にある「心」に注目して選曲してみました。

1)『Boogie-Woogie Lonesome High-Heel 』今井美樹(1989年)・・・蒸し暑い時期にピッタリな大好きな曲。中2の風が吹く。「♪”ハート”にキック~」

2)『WOMAN』アン・ルイス(1989年)・・・リハの時に、この曲を歌うことを知らないはずのセオンさんと”赤”(アベさん)が、客席にいながら突然コーラス!なんと、セオンさんのお母様が、アン・ルイスのカバーバンドをされていて、セオンさんはコーラスをやっておられたとのこと!!この日の本番でも目の前に座って、コーラスをつけてくれていました!!嬉し楽しかった~~!

ちなみに、サビの「♪悲しみを身ごもって優しさに育てるの」大好きな歌詞。これは「道心」の意味にも通じるのではと・・・。

3)『SWEET MEMORIES』松田聖子(1983年)・・・かわいいペンギンさんが登場する、サントリー缶ビールのCMの話で盛り上がりました。「なつかしい痛み」「過ぎ去った優しさ」「色褪せた哀しみ」を感じる「心」。

https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=815

4.『愛と感謝』Superfly(2008年)・・・皆さんに愛と感謝を込めまして。 胸に刺さる詞で、歌うたびにドキッとさせられる曲です。

https://youtu.be/iMz3uw2d9DY?t=1415

前回に引き続き、様々な私からの要望に見事お応えいただきました、ギターサポートのナカさん。ありがとうございました!

改めまして、お運びいただいた皆さん、いつも外から応援いただいている皆さん、共演者の「”赤”」さん、「aimmortal」さん、運営進行のヒロさん&瀬音さん、道心さん(お蕎麦、ほんっとに美味しい)、香織さん(癒しヴォイスと、せかせかと注文の品を運ぶ姿が超愛らしい)、ありがとうございました!

そして、そして、次回ライブは、10月1日(土)。
この道心さんでのワンマンライブが決まっております!!
美味しいお蕎麦を堪能いただけるプランをご用意しています。

詳細は改めまして・・・
・・・ということで、まずは6月18日のライブ動画。お楽しみくださいませ。
(撮影協力:小山さん、今回も大感謝!!)

https://youtu.be/iMz3uw2d9DY

追って、アルバム写真も作成・投稿いたします。


体調不良などなどで、タイミングを逃してアップできていなかった、前回6月18日のライブフォトアルバム。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.528531415941812&type=3
(撮影:小山さん。多謝!!)

来週の土曜日、10月1日のワンマンライブは、こちらのお蕎麦屋「道心」さんにて開催です。

Comments are closed.