Daily Archives: 2020/03/05

2020年2月16日ライブレポート

またまた、遅ればせながら、お見せできる動画が完成しましたので、動画と共に、詳細レポートとして、ご報告いたします。

この時点では、ありがたくも無事開催ができましたが、現時点では、プロ、アマ、会場の大小問わず、身近なところまで・・・現時点では、ライブの中止、延期の選択を余儀なくされている状況に・・・ですが、悪想念に負けず、信じるべきものを信じて、また音楽を通じて、いいエネルギーを共有できたらと思います!

純粋に音楽を愛する人々が、気持ちよく共有できる環境が、早く戻ってきますよう、願いも込めて・・・。

8日のライブに引き続き、上咽頭炎からの「後鼻漏」を抱えたまま、本番を迎えていました。ただ、一度本番を経験していたこともあり、その状況でも、前回よりは、多少気を楽にして臨めましたが、逆に緊張具合が軽減して、アドレナリン分泌が少なかったのか、MCの間はコホン、コホンとお聞き苦しい部分も、あったかと思います。(通院と、心ある方々からの情報と、喉の休養で、お陰様で、現在はかなり回復しております!この件に関しては、別の機会に、お話ししたいと思います。)

初めての「crossing」さんへの出演。

8日の雰囲気とは打って変わって、お昼に開催のランチ付きライブ。
午前中のリハに向かって、普段はなかなか降り立たない井の頭線「新代田駅」から、ドキドキしながら、徒歩1~2分の会場へ。

このイベントのタイトルは、「Yummy Songs Picnic ~volume2~」

個人ページの方で、告知の時にもお話しましたが・・・

「Yummy」(ヤミー)は、”美味しい”という意味。
このイベントの企画者、出演者でもあった「ZOOMC」(ズーエムシー)の新井君が、”美味しいごはん準備します!”という思いでつけられたそうです。

「ユミー」って読んじゃいがちじゃないですか???(私はそうでした。英語に疎く・・・)
これは、私の企画ではなく(笑)、れっきとした企画者さんがいらして、お声がけいただき、参加させていただいたのでした。

この日は、午前中小雨が降り、寒の戻りもありましたが、定員いっぱいのお客様、出演者の皆さんと、美味しいカレーランチと共に、ゆったりと交流ができて、いい時間をいただきました。

今回のテーマは「fullmoon*bloom」&「crossing」に。”月” ”花” ”健康に輝く”(転じて癒し)、"交差点"に関する曲をお届けしました。

◆セットリスト

1.「Moon River」(Audrey Hepburn)・・・月つながり。オードリー・ヘプバーンのヴォーカルは最高。癒されます。

2.「春への祈り」・・・季節ごとに作成した深呼吸曲。前回は諸事情で(苦笑)、動画ではカットしましたが、今回は、皆さんに深呼吸していただけるよう、説明MCも含めて動画に入れてみました。この日の天候と気温が、体感的に季節を特定するのに微妙だったため、お客様に「季節」を選んでいただき、この曲を歌うことになりましたが(詳細は動画にて)、結果的に、いろいろな意味での「春への祈り」になればと、現時点では思っております。現在、気分的に、外で深呼吸をしづらい状況ですが、お家の中ででも、気がついた時に、深呼吸していただければと思います。マイナスの思いを吐き出して、プラスの気を取り入れられるように・・・。

ここまで、鍵盤弾き語り。弾き語りは、まだまだ緊張度が高いの中でのパフォーマンスです(^-^;

3.「free...and more...」・・・15年ほど前に作詞作曲。11年前にCD化。
”与えられている自由の中で、その自由以上のものをしなければ”という思いと、一方で、この世に生きている限りは、何かしらの抑制の中で生きていると思うので、心の中だけは”自由になれ”という、自分にも向けたメッセージを込めて。今回も時間の関係で、ショートバージョンにて。ギターのオブリで盛り上げていただいています。

4.「うた」(Leyona)・・・癒される、明快かつ秀逸な歌詞。
5.「Honey」(Leyona)・・・歌詞の中に月。胸キュン曲。アンチエイジングにトキメキは重要です。
アマチュア時代のライブを観て、ファンになったLeyonaさん。上記2曲は20数年来愛してやまない曲。前回に引き続き、披露できてこの上ない幸せ。

6.「crossingメドレー」・・・「crossing」さんから、「交差点」にまつわる曲を選曲。

恋したっていいじゃない(渡辺美里)→Oh! Darling(The Beatles)

選曲の理由は動画でご確認ください!
なかなかのハプニングもありましたが、それはご来場者様だけの特権ということで、動画ではなかったことになっています(笑)

7.「Garden」(Sugar Soul)・・・歌詞の中に花&3コードでめちゃめちゃお洒落な曲。20200216LIVE at crossing詞も曲も大好きなこの曲を、前回に引き続き、皆さんに向かって歌うことができて、幸せでした。そして、歌詞の通り、早く「終わりのない闇を抜け」ますように・・・。

ということで、今回公開する動画はこちら
↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/T6cdyxZ3wXc

改めまして、お忙しい中、足元の悪い中、足を運んでいただいたお客様の皆さん、場所提供&音響対応をしていただいたcrossingさん、企画、準備で大変お世話になった「ZOOMC」のお二人、「ACO・SARA」さんのお二人、今回も忙しい中、要望に応え、サポートしてくれた本田さん、本当にありがとうございました!

そして、今回も、ライブ前も、本番の日も、ライブ後も、直接お会いできない方々から、たくさんの応援の思い、メッセージをいただき、パワーをいただきました!
ありがとうございました!!

◇共演者さん(出演順)
2.「ACO・SARA」・・・透明感ある高音の素敵な癒しのヴォーカル、サラジャさんと、ベテランさんの匂い満載のギター中井さんとのハーモニーが魅力的。バンド形式の「teamSARAJA」も、ベテランさん揃いの演奏で、また一味違った、かっこいい魅力が。

3.「ZOOMC」・・・普段ロックを歌うはずきちゃんが、ポップスを歌う、とても私好みのユニット。そして、ギター、ヴォーカルだけでなく、キーボードの技術も素晴らしい、新井君。前回は、はずきちゃんのソロで素敵だった「みんな空の下」。今回の2人ヴォーカルは、さらによかった!「元気を出して」の選曲も最高でした。

写真撮影:杉田さん・・・今回新たにご縁をいただき、たくさんの素敵な写真ありがとうございました!
こちらをクリック(タップ)してご覧ください!

動画撮影:今回は据え置きでの撮影でしたが、杉田さんにお気遣いいただいていたかと・・・ありがとうございました!

おまけ:crossingのスタッフの若林さん(とおっしゃるのかな?)が、あまりにも、峯田和伸に似ていて、我慢ができず、終演後に直接ご本人にお伝えしたところ、喜んでいただけてよかったです(笑)写真撮らせてもらえばよかったな~~。またお邪魔する機会があれば、ぜひ!

...
Read more